秋の気配が届く夜

(2016年08月26日)

月に一度『帆の会』20年以上続いている句友の集まりに参加しています。
女流俳人の恩師は米寿過ぎ、たおやかで持病もなく全員の中で
一番お丈夫。落ち込んでいてもこちらへ参加するとぬくもりのある仲間達。
皆、元気になって家路につきます。

ホテルが会場なので夕飯を楽しむのも特徴。


秋を迎えて
 
夏帯を解く波音を聞きながら

朝涼の図面に夢の弾みをり

西穂高真向かひてゆく花野かな

コーヒーにジャズのながるる金魚玉

藍染めに刺子はかどる夜なべかな

踊り笠解く路地裏の逢ふせかな

背伸びして賽銭なげる子地蔵盆

さくら造り帯(袋帯)
名古屋帯
半巾帯
原宿結び
さくら造り着物
さくら造り襦袢
着物あそび
お教室情報
取材ご依頼はこちら
おふさブログ