はなまる満点襦袢談義(着物Q&A)

(2018年05月05日)

Mさん:

着物が暑くて着られない時期ですね。
袷の襦袢で汗だくだくだくになりました。
先日着せていただいた薄い夏用の上半身だけの、半襦袢がほしいのです。
今着てもいいですか?
袖がつけられるように、マジックテープがほしいです。


鈴木主宰:
ご質問有難うございました。
私は連休の真夏日のような時期、着付けにうるさいおばさんたちには怒られるかもしれませんが着物のファッションリーダーのような立場にいた父方の祖母に躾られました。
生きていたら160歳超えです。○○小町だった祖母を祖夫が見初めてお嫁さんにしました。美術帯のコレクターでもありました。
いろいろ知恵をもらい受け継いでいます。戦後没落しましたが凄い地主だった様です。
今日の私は襦袢はクールビズ。衿は塩瀬...(夏は絽の衿)
残暑にもこの手を使います。夏の裾除けはお持ちですか?
ペチコートの長いのでもいいのです。私はスリップです。
足が痛むのででも誰も気が付かず楽がいいのだとつくづく思います。
祖母はあいまいで良いというのが掟でした。


Mさん:
ゴールデンウイークになりましたが、いかがおすごしでしょうか?
『祖母はあいまいで良いというのが掟でした。』
さすが、先生のお祖母様ですね。日本も私の子供の頃より、随分気温が高くなり、着物の着方も、気候に合わせていかないと、着る人もいなくなってしまいますね。
2月に、巣鴨に行った折、お着物を着た方達は、たった一人だけでした。
意外でした。私のイメージでは、巣鴨は、サザエさんのオフネさんのようなご婦人ばかりいるのかと。

さくら造り帯(袋帯)
名古屋帯
半巾帯
原宿結び
さくら造り着物
さくら造り襦袢
着物あそび
お教室情報
取材ご依頼はこちら
おふさブログ